その日の仕事が終わって家路の途中。クタクタで足が棒に。黒スーツに革靴、PCバックをぶら下げて。まさに疲れたサラリーマンの様相。そんなぼくは、自販機で飲み物を買い、新宿の“世界堂”の裏路地でレンガに腰掛けて少し休憩していた。

ふと目線を上げると、数メートル先で、男がこちらへカメラを向けていることに気づいた。「パシャ」

“え?”

今、真正面でカメラ目線の僕が記録された気がするんですけど。。男は、僕と目が合うとカメラを隠してどこかへ歩き出した。どうやら、僕の様子を勝手に撮影していたらしい。

「おい」と声をかけると、男は猛ダッシュで逃げた。

あんなにまで死にものぐるいで走る大人の姿を、ぼくは後にも先にも見たことがない。“あの先を左に行かれると、入り組んだ路地で見失うかもしれない”。ノートPC入りのカバンをがっちり小脇に抱えてとにかく追いかけた。転倒すればPCの大破は免れない。

しかし男は運良く右へ曲がった-。

“よし”

甲州街道と明治通りの交差点の人混みを目指すつもりだろう。だがそこまで伸びる道はほぼ直線。横道は一箇所しかない。やつがこのスピードでその横道へ曲がるのは不可能。“この100mで追いつける!”と、気づけば、久々に本気で走れるこの状況が、ほのかに嬉しくなっていた。差が縮まるにつれて、男は奇声をあげた「わー!たすけてぇ〜!」と。

助けて?”

男は、足ではもう逃げ切れないとおもったのか、路駐するタクシーに乗り込もうとした。しかし、ドアが開く間に追いつかれることを悟ってその場にへたり込んだ。

男は地べたで土下座して、
「許してください!助けてください!申し訳ありません!」と謝ってきた。

「なんで逃げるの?」と聞くと
殺されるとおもって!怖くて逃げてしまいました!」と。

いや、殺されるって。。。“おい”って言っただけじゃんか。。まあ、新宿で黒いスーツの男に淡々と追いかけられたら、死が脳裏をよぎってもおかしくないのか。。本気で命乞いされたの、生まれて初めてだよ。。

「いいからデーター消して」と言うと、男はその場でカメラの背面の蓋を開けた。そのカメラは、

35mmフィルムのライカ”だった。

男は震えながら迅速にフィルムを引っ張り出し感光させた。

えええええ…。」その瞬間、ぼくは様々なことを悟った。。

つまり男は、純粋に写真を撮っていたということではないのか。このご時世、フィルムのライカを持ち歩くともなると、カナリのこだわりである。しかも新宿で身の危険を犯してまで写真を撮っている。つまり、かなりのコストとリスクの果てに、僕はその被写体に選ばれたのである。

なんだかそんな彼の存在が、むしろ愛おしくてたまらない。もはや友だちになって話がしたい。得も言われぬ気持ちになった。

そうだ。今、いくつかの作品が消失してしまったのではないか。男から渡されたこの感光してしまったフィルムには、どんな景色が写っていたのであろうか。もうとり戻せないその瞬間。世界のるつぼ、新宿というカオスの街で、彼は何を見たのか。どんな世界観で捉えたのか。正直見たかった。

まあ、仕事に疲れた僕の姿が写っているんだろうけども。

帰り道、いつもの街が少し違って見えた。

PS.
殺そうと思わなかったけど、半殺しにしようと思って追いかけてたのはここだけの話。自称写真家のみなさんは、気をつけてね!